36才からの妊活 赤ちゃんが欲しいブログ

36才からの妊活赤ちゃんが欲しい!30代後半高齢出産認定だけれど子供はできる?不妊治療、妊娠できる体作りに良いサプリ、運動、本などの体験記。

成育病院でNIPTを受ける理由 高齢夫婦の出生前診断の決断

2017年09月04日 09時20分

東京都世田谷区の成育病院でNIPTを受ける理由、
それは成育病院で出産しなくても
NIPT検査ができる唯一の病院
だったからです。

慶応大学、東京女子医科大学、順天堂大学、愛育病院、山王病院など
大きい産婦人科でNIPTは受けられますが、
そこはその病院で出産することを前提にNIPT検査が可能。

私は荻窪駅の東京衛生病院で無痛分娩する!
と決めていたのと、

NIPT検査&出産がセットの病院たちは
家から遠くて通うのが大変、
という理由から

成育病院で母体血胎児染色体検査(NIPT)を
受けることにしました。

成育病院でNIPT予約が取れない体験記はこちら

高齢夫婦の出生前診断の決断

36歳の私。子供のダウン症率は一気に上がります。
子供が障害を持って生まれた時、本気で育てることができるのか
私達高齢夫婦は妊活時、そして妊娠発覚時から真剣に話し合いました。

結論
「出生前診断を受けて
もし子供に障害があるなら、
出産をあきらめよう」

夫婦二人で納得しました。

障害の発覚した子供の流産については
賛否両論あると思います。

しかし、私達晩婚夫婦にとっては
健康な子供と普通の生活を送る幸せ
がとても大事と。

心が狭いようですが、現実的には
障害児を育てるのはとても大変・・・。

マザーテレサのような精神を持っていないと
家庭が崩壊するのではないかと思いました。

しかも、親が死んでしまったときに
残された子供がどうやって一人で生きていくのか?
それを考えた時に、そっちの方が無責任じゃないか、
ということにも至りました。

ただ、出生前診断でわかるのはダウン症かどうかだけです。

心臓疾患や他の体の疾患は生まれてみないとわからない、
ダウン症以外の障害を調べる検査は現在この世に存在しない、
という説明を産婦人科の先生から説明を受けました。

まずは、ダウン症でなければ、、、それ以外の万が一の障害は
すべて受け入れよう、と夫婦で話し合いました。

血清マーカーより正確なNIPT

出生前診断ダウン症かどうか判断する検査にはいくつかあるのですが、
ダウン症検査で流産の可能性がなく血液検査で行えるのが2つあります。
  1. 費用が安く2-3万円と安い血清マーカー。
  2. 費用約20万円、検査結果がほぼ正確なNIPT。

血清マーカーテストのメリットデメリット

血清マーカーは費用が安いのがメリットですが、
ダウン症発生確率の数値がわかるのみで、検査結果をみても判断しにくい、、、
というデメリットがあります


*血清マーカーテストは別名トリプルマーカーテスト、クアトロテスト、AFP4テスト、母体血清マーカー検査
とも言います。

血清マーカーでわかることは
「36歳のダウン症出生率の平均値〇○に対して、
あなたの血液検査からダウン症発生率は△△」
といった具合です。

(参考:http://xn--gck8b9hu42y.co/kakuritu/gurafu/)

上記のような年齢別のダウン症リスクの数値があるので、
トリプルマーカーテストをした結果は
自分の年齢に対して、
私のダウン症の確率は高いのか低いのかしかわからないのです。

絶対赤ちゃんがダウン症である、という確定診断は行えません。


血清マーカーテストのリスクの数値が実年齢の平均より低かったとしても、
多少ダウン症の確率は残したままなのです。

さらに結果の判断が難しいのが、ダウン症発生率が
  • 自分の実年齢(例えば36歳)の平均値と同じ
  • 少しだけダウン症発生率が高かった場合。

産婦人科の先生曰く
「明らかにダウン症の確率が高く出てしまった場合は
30万円費用が掛かるダウン症確定診断ができる羊水検査にすすめますが、

微妙な数値の場合は、
30万円という費用をかけて&
流産の可能性もある羊水検査にすすむのか、

それとも羊水検査しないで流産させるのか

とりあえず出産まで無事を祈るのか

ご夫婦の判断がしにくい状況になります。」
 

NIPTのメリットデメリット

NIPTのデメリットといえば費用が20万円くらいかかる
費用の問題だけです。

NIPTのメリットはダウン症確定率が99%以上と高精度なところです。
血液検査なので流産の可能性はありません。

出生前診断をした結果、
次のSTEPで流産するのか、羊水検査に進むのか
正確な判断ができる、
ということで私達夫婦はお金をかけてNIPTをすることに決めました。

クアトロテスト(血清マーカーテスト)だと何の判断もできないからです。
 

高齢出産と出生前診断の覚悟

結婚は自分の努力だけではどうにもできなくって
運とタイミングとご縁によるもの。

でも晩婚&30代後半という高齢出産になってしまったのは
自業自得、という厳しい意見もあるかと思いますが、

それでもできる限り赤ちゃんと幸せな家庭生活を築きたい
というささやかな夢のために、、、

そして個人的な理由ではなく、壮大なことを考えると
高齢少子化の時代に、日本を支える子供たちは健康で元気な方がいい
という思いから、出生前診断を受けることにしました。

不妊治療の末せっかく授かった命。
どうかどうか無事何ともない結果になりますように。



 

妊活始めた時から飲んでいる葉酸



妊娠超初期こそ葉酸が必要と聞いたので、
奇形のリスクを減らすそうです。

高齢出産だとダウン症のリスクが高まるので、
せっかくできた赤ちゃんは健康で生まれてほしい☆

いつ赤ちゃんができても障害なく育つように♪
願いを込めています。
 

ブログランキング参加中

 
参考になったら応援クリックお願いいたします☆

高齢赤ちゃん待ちランキング


産休・育休中ランキング

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ タイミング法へ
にほんブログ村

管理人



MONICAです。
35歳1月結婚。
36歳3月から妊活開始。
子供つくり始めたらすぐ妊娠するかと思いきや
あれ??高齢妊娠しにくいって本当かも。。。

排卵日にタイミング見ても全然妊娠しないよー!

めちゃ焦る。

ということで産婦人科で不妊治療開始。

私の不妊治療・妊活体験記です。

妊活始めた時から飲んでいる葉酸




妊娠超初期こそ葉酸が必要と聞いたので、
奇形のリスクを減らすそうです。

高齢出産だとダウン症のリスクが高まるので、
せっかくできた赤ちゃんは健康で生まれてほしい☆

いつ赤ちゃんができても障害なく育つように♪
願いを込めています。